e0353125_13310572.jpg




グアテマラの手織りウールのスカートを
ガウチョにリメイク。
薄いcottonのペチパンツ付き。
グリーンのウールベストと組み合わせると
上品な感じ。




e0353125_13310175.jpg




同じガウチョ+黄色のcottonカーデに
ニットキャップを加えたコーデも秋らしい。






e0353125_14163975.jpg





"re"のインド綿プルオーバー+長袖T、




e0353125_13310870.jpg



ボトムに藍染古布のバルーンスカート。

薄い綿生地で裏をつけたので
冬は暖かく夏は透け感防止になります。





e0353125_13305846.jpg




こちらは
インド綿切りっぱなしジャケットに
リネンのサルエルパンツの組み合わせ。

サルエルパンツは
これからの季節レギンスやタイツ、ソックスと
色合わせを楽しんで。





e0353125_13314135.jpg




刺し子のパンツonスカートも仕上がりました。
オレンジの革ポケットがアクセント。




e0353125_13314454.jpg




あいかわらず人気のワンピースは
袖つき、袖なし3種類ほど。




e0353125_13314851.jpg



ウールのストール。


ソックスやTシャツ
2018年カレンダーなども少しだけ並びます。






e0353125_13315559.jpg




武井さんの刺し子ブローチやコサージュも
届きました。




e0353125_13321164.jpg


ん、シャンシャン?
パンダのブローチもいい感じですよ。


ご来店お待ち致しております‼




★10月のshopのご案内★
10/26(木)~30(月)秋冬服shop開催します
営業時間 12:30〜18:30

※teto・teteはアトリエ用に借りた
古いアパートの一室にあります。
普通にお住まいの方もいらっしゃるので
ご来店はご予約をお願い致しております。
●メルアド・携帯番号をご存じの方はそちらへ。
●ご存じない方は下記までお名前・お電話・ご希
望日をお知らせください
予約専用TEL&FAX:024-945-3445(~10/30まで)






*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************





[PR]
# by teto_teto_te | 2017-10-20 13:29 | Comments(0)

”re(リ)"について

e0353125_19565844.jpg



少しずつ樹々が色づき始め
秋が深まっていきます。

10月も1週目が過ぎ
月末のshop 開催に向けてラストスパート。
予測不能な事もいろいろ起こるし
たった一人のデザイン・製作現場は
情熱と焦りと糸くずまみれ。





e0353125_11104659.jpg




仕上がった服たちには
ささやかに小さく刺繍するとか




e0353125_19574560.jpg


e0353125_11130964.jpg





大胆に大きく刺繍するとか






e0353125_11104460.jpg





皮タグにスタンプとか








e0353125_11104220.jpg




はたまたアップリケなどで、
アトリエteto・teteオリジナルブランド名
”re(リ)"を表示。




"re"には再生の意味をこめました。


1986年に営業を始め30年近く続けた店を閉じ
アトリエteto・teteとして再スタートする時に
大量消費に加担することはやめたいと思いました。


ー私のたった2本の手で生み出すものなら
数はしれているし、
素材を古着や古布にすることもできる。
擦り切れるまで着てほしいけれど
ファッションは鮮度が命、飽きることだってある。
それならリフォームもできるし、最後は
クッションカバーや鍋つかみにだってできるー


そんな風に循環したり再生したりできる服作りを
目指したブランド名が”re"なのでした。


付ける位置やバランスなどで
大文字になったり小文字だったりmixだったり
一貫性がないのですけど笑
どうぞ可愛がってやってくださいね。






★10月のshopのご案内★
10/26(木)~30(月)秋冬服shop開催します
営業時間 12:30〜18:30

※teto・teteはアトリエ用に借りた
古いアパートの一室にあります。
普通にお住まいの方もいらっしゃるので
ご来店はご予約をお願い致しております。
●メルアド・携帯番号をご存じの方はそちらへ。
●ご存じない方は下記までお名前・お電話・ご希
望日をお知らせください
予約専用TEL&FAX:024-945-3445(~10/30まで)






*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************










[PR]
# by teto_teto_te | 2017-10-09 11:07 | Comments(0)

黒磯へ行く


e0353125_10563519.jpg



黒磯へ行きました。

ほぼいつもSHOZOへ直行だったので
今回は駅前に車を停めてあちこち散歩。





e0353125_10563886.jpg




tamiserさんはどこを切り取っても絵になる
素敵なお店。




e0353125_10564446.jpg




知らぬ間においしそうなパン屋さんも
できている!




e0353125_10564652.jpg




店サキで無農薬の野菜を売るランチ屋さんも
そのそばのカフェも新しくできたみたい。
(って私が知らなかっただけかも)




e0353125_10575207.jpg


昔ながらの駅前タクシー、
看板が可愛かったのでパチリ。



e0353125_10584598.jpg



一本裏へ入ると石造りの古い建物リノベのカフェ




e0353125_10585153.jpg



エントランス。



e0353125_13302686.jpg




全景はこんな。
ちょっとお茶したかったけれど
今回の黒磯の主目的は
おいしい担担麺を食べることだったので
先を急ぎます。




e0353125_10574918.jpg



到着‼
黒磯駅から徒歩5分
「とてもおいしいからぜひ行ってみて」と
お客様から勧められていた”たんたん亭”





e0353125_10574663.jpg



当店人気no.1と書かれた白ごま担担麺と
皮から手作りと書かれたぎょうざを
いただきました。

どちらも堪能!
とてもおいしかったです。
特にぎょうざはもちもちの皮も良いし
小龍包じゃないの?っていうぐらい
肉汁たっぷりジューシーで
おかわりしたいぐらいでした。



帰りはやっぱり素通りできずに
SHOZO界隈のお店をのぞき



e0353125_13304838.jpg





新しくできた古本屋さんも。



e0353125_10595680.jpg




締めは鹿の湯で温まり
気分転換、充実のお休みでした。

さあまたがんばろう!




★10月のshopのご案内★
10/26(木)~30(月)秋冬服shop開催します




*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************



[PR]
# by teto_teto_te | 2017-09-27 10:55 | Comments(0)

温かな藍色 温かな白


e0353125_15225636.jpg



一見スカートに見えますが



e0353125_15240839.jpg



実は前でラップ風に重ねたガウチョパンツです。




e0353125_15230477.jpg



後ろはこんな。



e0353125_15225257.jpg



サイドから見てもボリューミーには見えません。

これからの季節
下にレギンスやパンツを重ねてもokの
デザインにしました。



使用した布は西アフリカの藍染の綿布。
縦にハギ線がはいっているのは
幅10cmくらいの手織り布を
何列も接いで広幅の布にしているため。

手作業なので縫い目にばらつきがあり
あまりにも粗い箇所はジグザグミシンで補強。
(でもやりすぎるとせっかくの手の風合いが
損なわれるので程々に、を心がけて)




e0353125_15312692.jpg



藍色や白というと夏のクールな色
というイメージを持ちますが
質感によっては温かな印象の布もあります。
このアフリカ布もそうですが




e0353125_15224815.jpg





インドのざっくりした綿布も秋冬におすすめ。





e0353125_15241253.jpg




襟の形で迷い
試行錯誤







e0353125_15241751.jpg




ようやくちび襟に決めて






e0353125_15224290.jpg




太い糸でザクザク刺して
これから”re"のタグとポケットをつけて
洗濯テストをしてやっと完成。
10月のshopに並びます。






★10月のshopのご案内★
10/26(木)~30(月)秋冬服shop開催します




*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************




[PR]
# by teto_teto_te | 2017-09-17 15:21 | Comments(0)

陶器プランター

e0353125_13271147.png




去年のshopで販売した
オリジナルの陶器プランター




アトリエでは多肉植物をいれて時々水をやり
支障なく使えていますが、





e0353125_11370963.jpg





水やり直後~5日ぐらい、縦にピッとひびが入り
乾燥すると戻るを繰り返していました。



オーブンで焼ける陶土で作りました。
説明書によれば
”食卓で使える茶碗もカップも作れる土と釉薬”
とあるのですが、
おそらく焼成温度が低いせいかなと思います。



お買い上げいただいた方へ交換のプランターを
きちんとした陶器で作らねば、
とずっと気になりながら時間がなくて…



e0353125_11270574.jpg



ようやく逢瀬町の陶芸クラブ、アケラさんで
替わりのものを焼いてもらいました。
ご迷惑をかけてごめんなさい、
10月のshopで交換分をお渡ししますね。





★10月のshopのご案内★
10/26(木)~30(月)秋冬服shop開催します




*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************




[PR]
# by teto_teto_te | 2017-09-08 11:37 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。