同じです

e0353125_15210885.jpg


大好きな花、こでまりが咲きはじめました。
古いアルミの水筒に飾って、いい感じ。





先日のこと。

去年替えたさいふは小銭入れが小さくて
すぐにパンパンになってしまうので
そうだ、小銭貯金をしようと思い立ち。。。



e0353125_20575495.jpg



アトリエの片隅にわりとデーンと存在する
マツコは実は貯金箱で、





e0353125_21090601.jpg



開けてみたら
ほー、1万5千円!


いつかおいしいものを食べに行く資金にしよう、と
ジャラジャラ硬貨ばかりをビニール袋に入れて
近くのD銀行へ行きました。



月半ばの昼下がり、
T銀行ほどメジャーではないD銀行には
中高年のおじさまたちがたった3人。
「ネット銀行に、コンビニにもATM、
銀行窓口に若者はいないかもね」
なんて思いながら
3人のうちの一人が操作中の1台しかない
ATM機に並んで待ちました。

と、操作中60代男性、「なんで?」
つぶやきつつもう一度最初から。

うーむ、嫌な予感がする。
けれど静かに待ちます。

はい予想通り、2度目の「なんでぇ??」


あきらめて窓口へ。
そうしたら
硬貨の入金は機械ではできないんですって笑



2つしかない窓口にも
残る2人のおじさまたちがへばりつき
やれ、印鑑が違うとか、記入モレとか
ちょっとイラつき気味の窓口嬢たちに
指導を受けていて…
ATMからはまた「なんでだぁ??」が聞こえ。


やっと私の番。
大丈夫、私、何もヘマはしていないと
入金票と小銭を手渡し後ろの椅子で静かに待ちます。

ほどなく名前が呼ばれて
えっ、何?まさかの指導‼

「14900円しかありません」
えーー、2回も数えたんだけど。




”アナタタチ3ニントハチガウ”
いやいや違ってませんでした、同じでした、
スミマセンって気分でアトリエに戻ると
あー、100円玉が‼
机の下に落ちていたのでした。






*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************








[PR]
# by teto_teto_te | 2017-05-12 13:02 | Comments(0)

世界的傾向?


e0353125_13425296.jpg



あっという間に咲き誇り
瞬く間に風に散った今年の桜。

お花見日和はほんの数日、
タイミングを逃して行けずじまいでした。



月末のオーダー服の仕上げに
いつものようにドタバタしていると



e0353125_06593261.jpg




すでに5月、ゴールデンウィーク。



特別な予定は何もなくて
たんぽぽとムスカリの畑と化した
庭の草むしりとそうじにはげみ、
いつもより凝った料理を作って
明るいうちからお酒を飲む…
あたりを楽しもうと思っています。
あ、恒例益子の陶器市は行こうかな。








e0353125_13425471.jpg



大分前に
塗装屋さんが汚れ防止用に使ったキャンバス地を
何かに利用して…といただきました。


バッグか
エプロンにしようと思っていたけど
無作為のペンキのシミや汚れがおもしろいので





e0353125_13425556.jpg


えーーい、パンツにしてみよう。






e0353125_13425385.jpg




はくとこんな感じ。





e0353125_13425359.jpg





正面は こんな。


ジーンズをわざと破れさせたりほつれさせたり
ダメージ加工させてるのよくありますが
最近はわざと泥をつけたような加工
(洗っても落ちない加工なんですって)
のものもアメリカで登場したとか。

汚れや劣化や経年変化を
楽しい、美しいと感じてしまうのは
世界的傾向?なのかしら笑






*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************













[PR]
# by teto_teto_te | 2017-05-03 09:46 | Comments(0)

e0353125_23050024.jpg



生地の仕入れに東京へ。


ついでに毎月第3土曜開催という
大和の骨董市も少しのぞいてみる。


で、出会ったのが上の素敵なおじさま、
ではなくて
素敵なファッションのおじさま。

桜の季節に合わせて薄いピンクのシャツ
それにベージュのベスト。
このベスト、大きく穴のあいた
ウールの毛布で作ってもらったんだそう。
ボトムのジーンズもミシンで
あちこちダーッとステッチされていて
靴はいい感じにヨレた茶色のワークブーツと
どこまでも隙がない。





e0353125_23050495.jpg




東京とかその近郊でいつも思うのは
おしゃれな大人の男の人が多いなぁってこと。



このおじさま以外にも

又吉直樹風ソバージュ頭に
茶ばんだ白衣によれよれのチノパン
+丸メガネのおじさんとか

アーミーグリーンのブカブカのパンツに
皮のサスペンダーをつけて
ミルク色のcottonニットと組み合わせている
白髪の70代とおぼしきおじさまなど。







e0353125_23050285.jpg




ファッションって
その人の性格や価値観や
はては生き方まで
全部がでてしまう。
”若さ”はそれだけで強くてキラキラしていて
それがなくなった
中年過ぎのおじさまがかっこいいというのは
本当に心から拍手したい気分。




e0353125_23050100.jpg


そんなことを思いながら




e0353125_23050340.jpg


またしても
ゴミのような
ボロのようなものと
すれちがえずにバッグに詰め込み
帰途につくのでありました。




★4月のオーダー服お渡し日は
27(木)28(金)となります★





*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************










[PR]
# by teto_teto_te | 2017-04-16 23:03 | Comments(0)

那須へ行く



e0353125_12022739.jpg





3月のshopも無事終わったことだし
先週末は那須の温泉で慰労会。





e0353125_11433857.jpg




ここ鹿の湯はなんと1300年も前に開湯という
すごい歴史を持つ温泉で





e0353125_11433942.jpg





川沿いに建つ明治時代の建物の中
白濁した硫黄泉の古めかしい浴槽が5つ。



4月には珍しく雪も降ったこの日は
浴衣に下駄で寒っ寒っといいながら
温泉に浸かるのは極楽でした。





e0353125_12022819.jpg




泊まったのは1泊2食で¥6800の民宿でしたが
夕食も朝食もコスパが高いお料理で
派手なものはないけれど
吟味された食材が丁寧に味付けされていて
大満足。





e0353125_11434139.jpg





翌日は那須をあちこちドライブ







e0353125_11434150.jpg



おいしい石釜のパン屋さんで
(だけどパンは並んでいないのです。
人気でほとんど予約になってしまうのだそう。)





e0353125_11434386.jpg


スコーンやマフィン、チーズタルトなど
あれこれおいしそうなものを買い込んで帰着。


充実の那須旅でした。
さあまた明日からもがんばろうっと。





*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************





[PR]
# by teto_teto_te | 2017-04-06 11:39 | Comments(2)


e0353125_11320915.jpg





2月逃げる
3月去る

年度末は何かと慌ただしく…


そんな中、3月のshopへたくさんおでかけいただき
ありがとうございました。




e0353125_11321283.jpg




皆さんtetoteteオリジナル『re(リ)』の服を
素敵に着こなされて青い扉から現れるので、
嫁にだした娘と再会するような
晴れがましい思いでとてもうれしい時間でした。






e0353125_11321106.jpg



いただいたオーダーは
各月末までに仕上げて
ご連絡いたしますので
楽しみにお待ちくださいね。





e0353125_11321303.jpg



今回は「服屋のミセサキ市」もあったので



e0353125_11320795.jpg




いつもと違った雰囲気で楽しかったですね。
レトロなボタンや古めかしい糸巻、
げたの鼻緒だけが並んだホーロバットとか。





e0353125_11320735.jpg




さあ次のshopは10月末、
それまでまたミシンの前に戻ります。





*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************


[PR]
# by teto_teto_te | 2017-03-29 11:30 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。