不要品と向き合う

e0353125_10481729.jpg



夏休み前に仕上げたオーダー服
インドの刺し子になった古布のパッチシャツ。

表地のチェックからは想像できない
華やかな花柄を裏地に使うあたりがインド的。




e0353125_11284701.jpg



びっしり気が遠くなるほど刺し子されてますが、
ほとんどが擦り切れんばかりに
使いこまれた綿布の刺し子なので
さらに弱った箇所は継ぎあてが。
だけどそれすら溶けそうに薄いガーゼ地で
そのあたりもインド的。
(思わず加筆ならぬ加針)




e0353125_10481652.jpg



チェックだけでは単調だったので
裏地の花柄を少しプラス。



8/10に納品、以後16日までのんびり夏休み。





e0353125_11224262.jpg

お盆の行事以外は、雨続きだったし
ほぼウチで不要品のかたづけで過ごしました。


築17年の我が家には
2階の屋根裏にたっぷりの収納庫があり
とりあえずしまいこんだ
ランドセルに習字の道具箱、リコーダー、作品類
それらすべて×2
着なくなったおびただしい服、服、服…


子供たちが保育園時代の引っ越しでした。
子育てに奮闘しながら
姑との同居も始まり、かつ
超弱小、吹けば飛ぶような雑貨店の経営に追われ
とりあえず
目の前のことをやりくりするしかなかった
あの頃の一生懸命な時間がワーッと
よみがえってきました。


捨てるのは勇気がいったけど
子供たちの絵や書はベスト20ぐらいまで残し
服は家族それぞれベスト10まで、と決めて
それ以外はボタンを取り、生地の一部を切り取り
罪悪感を少し薄めて
大きめのゴミ袋7つ分+粗大ごみ4つ。

けっこうやりきった感たっぷりの夏休みでした。





*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************









[PR]
# by teto_teto_te | 2017-08-19 10:47 | Comments(0)

代官山へ行く

e0353125_13580813.jpg



枝に黄色く実るのはレモン。
レモンの樹って初めて見ました。
なんとここは東京、代官山。


代官山ヒルサイドテラスの一角に
それはおしゃれなグリーンショップがあって
その外壁に沿うように植えられていました。





隣のshopの窓際のディスプレイも素敵で、


e0353125_13580705.jpg




こんなハッと息を飲むような鮮やかな赤




e0353125_13580839.jpg



赤の隣は白と黒。

ミナ ペルホネンのお店でした。




e0353125_14170374.jpg


ヒルサイドテラスのすぐ隣
一番の目的だった 蔦屋書店。
ずっと行きたいと思っていたお店です。

30年近く小さな雑貨店を経営、
ひと月かふた月に一度東京へは行くものの
数軒の取引先で仕入をしてとんぼ帰り。
ひたすら忙しくて時間のない暮らしだったので
ほとんどの人が当たり前に知っているような
ところを全く知らなかったりするのですね。
イケアもついこの間初めて行きました笑 







e0353125_13580952.jpg


近代建築の素敵なところばかりではなく
路地には古い建物をリノベーションした
センスの良いshopもたくさん。

ここは床が土間のまま。
藍染めの服ばかり扱うお店で
ボロボロでつぎあてだらけのジャケットが
なんと14万円!
やっぱり服のお店はいろいろと刺激を受けます。




さあ、8月。
残った仕事をかたづけると1週間の夏休み。
その後はいよいよ10月のshopへ向けて
秋冬服の新作にとりかかります。
乞うご期待‼








*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************




[PR]
# by teto_teto_te | 2017-08-02 13:56 | Comments(0)

夏ギフト好適品


e0353125_11080514.jpg


ひどい暑さが続きますね。

あまりの暑さに食欲もわかないし
ましてや汗だくの調理もげんなりで
レンジで”チン”の蒸しナスやらジャガバター、
生野菜たっぷりのサラダにカルパッチョ風魚介類、
ひたすら手抜き汗なし料理を工夫しています。


そんな中届いた いただきもの。

「トマトの柚子ジュレ」
すごくおいしい‼

湯むきした丸ごとトマトを
おそらく昆布だしでさっと煮てさまし
柚子入りのジュレ仕立てにしたもの、多分…

久しぶりに手抜き料理を改め
ちょっとトライしてみようかしらん






e0353125_11080612.jpg



これもまた宅配便で届いたおいしい日本酒。

箱をあけると
白い余白たっぷりの
ん?
っていうラベル。
蔵元の名前しかありません。




でも瓶を180度回転させて裏側からみると





e0353125_11080765.jpg



金魚!

心憎い演出です。

こういうお酒は
花火の音がドーンと聞こえる夜に
かち割りの氷をたっぷり入れた大きな鉢に
薄手のガラスとっくりを寝かせて
切り子のお猪口でいただきたいものだ、

と思うそばから
グビグビと呑んでしまうウワバミのごとき夫の口が
あー、うらめしい。
花火の夜まで保ちません泣




★7月のオーダー品のお渡しは29日と31日を予定しています★







*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************








[PR]
# by teto_teto_te | 2017-07-22 11:06 | Comments(0)

大地に描く


e0353125_19005698.jpg



矢吹の温泉へ行った帰り道
鏡石の天然酵母のおいしいパン屋さんで
「ぜひ、見ていってください」とすすめられた
田んぼアート。

なんか地味にすごい!
これ全部稲の苗です。




e0353125_18560655.jpg



こんなにいろんな色の稲があるのですね。



e0353125_13263129.jpg



田植えの頃はこんな。
薄っすらと絵があります。


見ごろはこれから。
7月中旬から8月中旬らしいので
夏休みのお子様たちとご一緒にどうぞ。






e0353125_19011587.jpg




今週のアトリエより。

さすがに真夏。
7月分のオーダーは見事に白か生成りか
ストライプ。
まだ半分も出来ていないけど
今週末は東京へ。

帰ってからスパートです。






*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************




[PR]
# by teto_teto_te | 2017-07-13 21:52 | Comments(0)

いたしかたなく

e0353125_17260232.jpg



6月末お渡しのオーダー服も無事旅立ち
ホッと一息。

とはいえ
7月のご予約分もけっこうな数。
のんびりはできないのですが…




柿渋で染めてもらった薄手のリネンや






e0353125_17260284.jpg




園芸で使うシュロ縄みたいに
ゴツゴツした麻糸で手織りされた布




e0353125_17260325.jpg




ずっと前に骨董市で買った
藍染め木綿の雨合羽
(スナフキンが着てるマントのような形)



こういう味わい深い個性的な布を
なんとか素敵に服に仕立てたくて
≪柿渋リネン→薄手はおり≫
≪ゴツゴツ手織布→夏用ジャケット≫
≪藍染スナフキンマント→フレアースカート≫
毎月初め、少し時間が出来るたび
あれこれ思案するのですが
やっぱりハサミは入れられず…
たっぷり時間がないとできない大仕事なので。


そんな大仕事よりも先に
まず梅ジュース用に梅を買いに行かないと。
(もう売っていない?)
それから敏感肌になってしまった自分用に
縫い目を全部表で始末した
ガーゼのシャツを作りたいし、
時々夫が枕に使ってしまうリネンのクッションカバーも
新しいものに作り替えたいし
そう、私の手はいつも6本くらいないと足りない。


しかたなく梅ジュースはあきらめ
ガーゼのシャツは生協の通販で買い
クッションカバーはファブリーズですね泣





*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************












[PR]
# by teto_teto_te | 2017-07-04 21:25 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。