『teto・tete』はじまりのごあいさつ

e0353125_08241958.jpg




長田 弘 「すべてきみに宛てた手紙」から

ひとの人生は、やめたこと、やめざるをえなかったこと、やめなければならなかったこと、
わすれてしまったことでできています。
わたしはついでにやめたこと、わすれたことを後悔するということもやめてしまいました。
結局、やめなかったことがわたしの人生の仕事になりました。
ー読むこと。聴くこと。そして書くこと。
物事のはじまりは、いつでも瓦礫のなかにあります。
やめたこと、やめざるをえなかったこと、やめなければならなかったこと、わすれてしまったことの、
そのあとに、それでもそこになおのこるもののなかに。




....................................................................................................




これでもかと続く炎暑の日々。

今から思えば子供の頃の夏の暑さなんて可愛いものでした。
冷えたすいかやゆでたてのとうもろこし、
夕刻になるとステテコ姿の父が庭中の植木にたっぷり水を撒いて…
そんなことで少し涼しく過ごせたりしてましたもの。
ここ何十年かの間に地球の温暖化が加速したのを
身をもって知ったこの夏でした。


6月の閉店以来
ブログだけは続けてほしいという
うれしいお声をたくさんいただきました。
状況や思いが二転三転しましたが
アトリエはそのまま同じ場所に残すことになり
年に1回か2回、
作りためたものを販売するアトリエ兼shop
『teto・tete(テトテテ)』として再スタート、
ブログもteto・tete日記として再開いたします。

家族の状況的にも年齢的にも体力的にも無理のない範囲で
以前の数倍ゆるりとしたスタイルでの活動(あまりのゆるさに営業とよべません)
となりますことでしょうが
どうぞよろしかったらまたおつきあいくださいませ。


*************************************************

teto・tete

963-8851
郡山市開成3-10-15 202
E-mail:otenkiya@y4.dion.ne.jp


*************************************************




























[PR]
by teto_teto_te | 2015-08-16 12:02 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。