武井さんの布ブローチ


e0353125_09424955.jpg



襟さきにつけたらとてもキュートな
ゾウのブローチ。

久々に武井さんの布ブローチが届きます。




e0353125_09450089.jpg




他に岸田劉生の「麗子像」を意識したという
8cmの少女なども。


3/24~27の春夏服shopに並びますので
どうぞお楽しみに。




e0353125_13313496.jpg



寒いけれど季節は着実に動いていますね、
梅の花が咲いていました。



ようやく2月分のオーダー服のお渡しが終わり
本格的に3月のshop向け春夏服の製作
って
もう20日ぐらいしかありません。
かなりの苦境…


今回は時間もなさすぎるので
新作はほんの数点、
いままで好評だったパターンを
素材を変えるとこんなにかわる!
というテーマでのぞみます。





e0353125_09424836.jpg



数少ない新作のひとつ。

カットソーでたっぷりしたTシャツを作りました。
まだサンプルで洗濯テストをしたところ。
ここに手描きイラストか刺繍、
はたまた素材をリネンに変えるか思案中。

あ~、こうしてまた時計の針が進むのです汗





3/24(金)~27(月) 春夏服shop開催します
今回は『かとや分室』さんの古道具、
『山野辺愛子』さんの古布や洋裁小物の
”服屋のミセサキ市”を併催!お楽しみに。




*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************


[PR]
by teto_teto_te | 2017-02-28 11:25 | Comments(0)

e0353125_11453203.jpg




今週もアトリエでは
2月末お渡し予定の洋服と格闘しつつ、

少し絵をかいてみたり




e0353125_11453372.jpg




粘土をこねてみたり




e0353125_11453391.jpg




割れた器の金つぎをしてみたり…

相変わらず忙しく手を動かしています。






e0353125_11453407.jpg



服を作っていると
すごい量のハギレができてきます。

一番小さなものは人形を作る友達用に。
他は白っぽいもの、黒っぽいもの、
刺し子などの古布、
と3種類の袋にざっと詰め込んで分類、
いつか活躍する日まで静かに保存。
とはいえ、なかなか陽の目を見ずに今に至る…


今回ようやく愛子さんの手を借りて
とてもいい感じの
ポジャギ風パッチクロスになりました。




e0353125_11453565.jpg


サイズは50cm×50cm

春から夏
大活躍のかごバッグにさらりとのせたり、
インテリア用にもいい感じです。
何かを包んで出てくる面にreの刺繍。

限定10枚!3月のshopで販売します。



3/24(金)~27(月) 春夏服shop開催します
今回は『かとや分室』さんの古道具、
『山野辺愛子』さんの古布や洋裁小物の
”服屋のミセサキ市”を併催!お楽しみに。




*************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************





[PR]
by teto_teto_te | 2017-02-17 11:44 | Comments(0)

新潟へ

e0353125_12202977.jpg



日曜日、新潟の万代美術館へ。


『皮と針と糸と』
タイトルに惹かれ手に取ったパンフレットには

ーホモサピエンスが5万年前に
針という道具を発明し、
防寒服を作り世界中へ旅立ってから
今日まで続く裁縫は私たちの中に手芸として息づき
一方、
美術からは劣るものとして
周縁に押しやられてきた日常の手仕事です。
しかしそこには、私たちの体内に封印されてきた
痛みや喜びが豊かに縫い繕われ
新たな声となり
外界へと解き放たれる力が潜んでいますー



もうこれは
日々、針と糸と格闘する私への応援歌だと
勝手に強く思い込み
「えー、にいがたあ~~」
と渋る夫の尻をたたき
おいしい回転寿司をえさに出かけました。







e0353125_12224794.jpg







牛革にクレヨンと水彩で描かれた皮緞帳は
6m×24mと
圧巻のサイズでこちらに迫ります。











e0353125_13264911.jpg




館内は写真OKで








e0353125_12224809.jpg




鑑賞後は
小さな椅子とテーブルのワーキングスペースがあり
皮のはぎれで自由に遊べました。






e0353125_12224952.jpg




帰りに寄った古町商店街には
魅力的なお店があって




e0353125_12225089.jpg




もちろん
日本海ネタの回転寿司も
堪能して帰りました。


鴻池さんの展覧会は今週末までですが
次回はマリメッコ展だそうです。
こちらも楽しそう!





*************************************************

teto・tete
teto・teteは手と手・手。普段は主に洋服を作るアトリエですが
年に数回shopとして作ったものを販売いたします。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************








[PR]
by teto_teto_te | 2017-02-09 12:18 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。