人気ブログランキング |

マスクな日々


マスクな日々_e0353125_20371478.jpg



またまた
感染状況が大変なことになってきましたね。
22日~の3連休には生地の仕入れを兼ねて
東京行きを予約していましたが
敢え無く断念😢


思えば去年の今頃は左足ギプスに松葉杖の日々
直前に迫ったスペインバスク旅に
不安と期待が入り混じる時間を過ごしていました。
明日何が起こるかなんてまるで予測不能…
せめて今できることを精一杯するしかないのだな
と改めて思います。



マスクな日々_e0353125_20362810.jpg



東京行きの替わりにちょっとだけ那須へ。

黒磯駅前で”日用市””というのをやっていて
こだわりの醤油や味噌、
美味しそうなパンや野菜などを
買い込んできました。

写真はそば粉のガレットにドライカレーと
キヌアと野菜たっぷりサンド。
美味でした。




マスクな日々_e0353125_13381251.jpg



帰りに寄ったタミゼさんでは
フランスのアンティークリネンを。

はぎ線が美しいのでそのままプルオーバーか
濃い藍色に染めてジャケットも良いかもと
思案中。


今週はお天気も良さそうなので
柿渋染と藍染に励むつもりです。





***************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete

teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります
手作り料理、手作り旅…プライベートでも
やっぱり「手」を多用しています。



*********************************************




# by teto_teto_te | 2020-11-29 20:33 | Comments(0)

レッドマジック


レッドマジック_e0353125_15522768.jpg



窓の外のイロハモミジが午後の陽を受けると
もうこちら側まで赤くにじんで染まりそうに
照り映えます。


晩秋から冬にかけては
どうしても暖色、赤・紅・朱に心が動きます。


柿の実のだいだい色も美しい。




レッドマジック_e0353125_15522465.jpg



庭の柿の木が枯れてしまったのは
3年前だったか4年前だったか。

以前は好きじゃなかったけれど
大人になるにつれ 好きになる食べ物って
たくさんありますよね。

柿もそう、好きになったのはここ2~3年前。
それも干し柿、カチカチになったのじゃなくて
オレンジ色の中身がトロプルの。
衝撃でしたね、庭の邪魔者だった渋柿が
ただ皮をむいてお日様にあてるだけで
こんなおいしいものに変わるって。

あー、でも気づいた時にもう柿の木は無く…

去年農産物直売所で渋柿が売られているのを
発見してからは少しだけ買って作っています。
今年は蜂谷柿、ご丁寧に干すための紐まで
セットで売られていました。



ほぼオレンジトロプル状態で食べてしまいますが、
カチコチにして日本酒ひたひたで瓶詰めにしておくと
フルーツケーキやカレーやミートソースの隠し味に
使えたりします。




レッドマジック_e0353125_15522172.jpg



先月 会津へ行った帰り道
ふと立ち寄ったリサイクルショップで
おもしろいストーブを見つけました。

カセットコンロをひとまわり小さくしたような
サイズのストーブだね、なんて話していたら
まさしくカセットガスを後ろにセットして
使うというコンパクトなストーブでした。


なんか可愛いし防災用にもなるかも、と購入。

使ってみると、これがとてもすぐれもの‼
すぐ温かくなるし、とても静か。
ほのほのと赤くなるセラミック板を
眺めるだけでもなんか癒され…

赤の力、すごいな の3点盛りでした。





***************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete

teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります
手作り料理、手作り旅…プライベートでも
やっぱり「手」を多用しています。



*********************************************


# by teto_teto_te | 2020-11-16 15:51 | Comments(0)

刺し子のバルーンスカート_e0353125_15200213.jpg





"re"ではお馴染み インドの刺し子古布で
ソフトタックバルーンスカートを
作りました。




刺し子のバルーンスカート_e0353125_15200505.jpg




横から見るとこんな感じ。
薄いcottonボイルの生地を重ねた刺し子なので
下の柄が透けてみえます。


最初はこの黄色とオレンジに惹かれて
絶対こっちが表!

と作り始めたのですが








刺し子のバルーンスカート_e0353125_15200788.jpg





裏返すと鮮やかなブルー、
しかもレトロなチェック柄がなんとも素敵❣





刺し子のバルーンスカート_e0353125_15201365.jpg




サイドのボーダー柄もいい感じ。


急きょ、脇ポケットのデザインを変更
裾はきりっぱ、サイドの縫い代をステッチで押さえ
リバーシブルになりました💡





刺し子のバルーンスカート_e0353125_15211998.jpg




今年も秋のshopはお休みなので
来季のサンプル、少しずつ作りためます。



あーもう11月…
2020年は明けたかな、と思ったら
コロナ禍に飲み込まれ春が過ぎ、夏がゆき
あっという間に晩秋を迎えてしまいました。





刺し子のバルーンスカート_e0353125_15212967.jpg



先週末に出かけた
レイクラインは鮮やかな紅葉。

青空とのコントラストも最高でした。





刺し子のバルーンスカート_e0353125_15213292.jpg



仕事の都合や家族の用事 お天気とかで
なかなかベストなタイミングで
紅葉と出会うって難しいけれど
今年はまあまあかな、めでたしめでたし☻



***************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete

teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります
手作り料理、手作り旅…プライベートでも
やっぱり「手」を多用しています。



*********************************************







# by teto_teto_te | 2020-11-05 15:19 | Comments(0)




ガラスに描く、刺し子をする_e0353125_15195223.jpg




この前shozoへ行った時に
ガラス戸や窓に白いペイントをして
それを削ってイラストが描かれているのを
見つけていいな❣と思っていたので
まねしてみました。

 
蜂蜜1kg入りの瓶に金魚鉢用の小さな砂利を
入れています(人形制作用)


カラにしてアクリル絵の具で真っ白に。
2~3時間置いて完全に乾いてから
先のとがったもの(私は銅板画用のニードルを
使いましたが、目打ちとか削った割りばしとか)
スイスイ気持ちが良いぐらい簡単に削れて
絵が出来上がっていきます。


間違えても平気。
またアクリル絵の具を塗って乾かせば
やり直せます。




ガラスに描く、刺し子をする_e0353125_15195492.jpg




あんまり楽しかったから
100均で買ったボトルにも




ガラスに描く、刺し子をする_e0353125_15195692.jpg




熊っぽくない熊や





ガラスに描く、刺し子をする_e0353125_15195908.jpg



自転車を。



アクリル絵の具は水性なのに乾くと
耐水性になりますが、ガラスには定着が弱そう。
ゴシゴシこするとせっかくの絵が壊れてしまうので
濡らさず使えるものにすると良いかもです。





ガラスに描く、刺し子をする_e0353125_15220452.jpg





今週は古いクッションカバーの修理に
手を焼いています。
ジャガード織の長く渡った糸がブチブチ切れて
捨ててもいいくらい長く使ったのですが
新品よりもへたったり擦れたり錆びたりが
好きな困った趣味ゆえ
裏から接着芯を貼ってひたすら刺し子。





ガラスに描く、刺し子をする_e0353125_15220767.jpg


表は白地に白糸で


ガラスに描く、刺し子をする_e0353125_15221076.jpg



裏はカラフルに。
まだまだ終わりそうにありません。


オーダー服も今月末でひと段落、
時間もできたことだし気長に続けます。




★お知らせ★
秋のshopは今年もお休みします🙇
次回は来春🌸
コロナの状況を見ながら開催するつもりです。






***************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete

teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります
手作り料理、手作り旅…プライベートでも
やっぱり「手」を多用しています。



*********************************************



# by teto_teto_te | 2020-10-23 15:18 | Comments(0)

仙台へ行く

仙台へ行く_e0353125_14432855.jpg




仙台の住宅街の中、
看板も出ていない知る人ぞ知る骨董屋さんへ
連れて行ってもらいました。

看板もないくらいだから
バシバシ写真とか撮るのは気が引けて
残念ながら写真は1枚もないけれど、
細い縦格子の引き戸を開けると
大音量のクラッシックが流れ
イガ栗のついた大きな枝がドーンと壺に。

そんなとてもセンスの良い
価格もリーズナブルなお店でした。

もう器は増やしたくないと思っているのに
見ればやっぱり欲しくなり少し購入。

イチョウ柄のグラスは秋のビール用に。
江戸時代のだという染付の猪口は
深煎りのコーヒーを淹れようかな。




仙台へ行く_e0353125_14433061.jpg




お昼ごはんは塩釜まで足をのばし
おいしいと評判のお寿司屋さんへ。




仙台へ行く_e0353125_14433405.jpg




入口には大きなマグロの頭。
人間の頭部の2倍ぐらいあった感じ。




仙台へ行く_e0353125_14433261.jpg




回転寿司ながらこの生ウニ、ホタテ
絶品でした‼



今回の仙台行きは就職して3年目の
息子を訪ねる旅でしたが
(ゴミ屋敷化していないかの確認&
掃除の旅という方が正しいかな)
寿司屋の食事の後スッと伝票を握って
レジへ向かった息子にちょっと感激
そんな事 初めてです‼

〔母は前日の掃除の時に無造作に置かれた
彼の銀行の通帳を盗み見ていて
残高の少なさを知っていたから
ホロリと涙が出そうになったけど😢〕

有難くゴチになりました。




仙台へ行く_e0353125_14532863.jpg



天高く馬も人も肥える秋
困った、秋は何を食べてもおいしい。






***************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete

teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります
手作り料理、手作り旅…プライベートでも
やっぱり「手」を多用しています。



*********************************************





# by teto_teto_te | 2020-10-13 14:42 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。