春の宴

e0353125_10043033.jpg





母たるもの
ここぞという時にはふんばるもの。

たとえ一人1万円~のコースしかない
懐石料理屋へだって、
それが×4人分で、
そこへお酒が加わり、
さらにサービス料が加算されても、
ひたすらアメリカンエクスプレスのカードをギュッと握りしめ
春浅い夜、出かけたのでございました。







e0353125_11264482.jpg




3月末で大学院と大学を
2人の子供たちがそれぞれ卒業。

4月、新社会人となる彼らへ
大きな節目のお祝いの席です。




e0353125_10043397.jpg




美しいお料理が次々と運ばれ



e0353125_10043528.jpg




お酒にもほんのりと酔い




e0353125_10043888.jpg





メインのステーキは熱々の小石の上、
ポン酢でいただきました。



他数品、お腹も心も満たされる夜となりました。




立派な大人になんかならなくていいです。
楽しんで生きてほしい。
生まれてきて良かったと思える時間を
少しでも多く。
できれば寄り添う人とともに





e0353125_11265144.jpg




さ、デザートで締めくくったら
明日からまた
爪に火をともす日常へ戻ります。




★4月のオーダー服&サンプルご予約服のお渡しは
4/21(土)23(月)となります★







************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************






[PR]
by teto_teto_te | 2018-04-13 11:25 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。