山形ビエンナーレへ行く

e0353125_11554520.jpg




仙台へ行くついでに、24日までという
みちのおくの芸術祭「山形ビエンナーレ」へ
行ってみました。




e0353125_11554871.jpg




東北芸術工科大学主催の現代アートフェスティバルで
大学と街中のあちこちが会場になっていて
作品はもちろんだけれど、
古い町並みやリノベーションされた建物なども
楽しめます。



上の建物は会場のひとつ「文翔館」
大正5年の洋風建築物で旧山形県庁舎。




e0353125_11291914.jpg




こんな素敵な渡り廊下もある。





e0353125_11332636.jpg

e0353125_11555052.jpg





そんな空間にさまざまなアート作品







e0353125_11555301.jpg




一番見たかったミロコマチコさんの作品





e0353125_11555573.jpg



荒井良二さんのも。



e0353125_11495845.jpg



なんとこの後 別会場で荒井さんご本人と遭遇!
明日のイベントを今日と勘違いしたのだそうで
超!超‼ラッキー
絵本にサインをいただきました。





e0353125_11570281.jpg

e0353125_11573814.jpg




これもおもしろい企画でした。
仮面をかぶった本、
手描きの表紙に惹かれて手に取ると
タイトルでは絶対手にすることのない本と
出会えてしまう。




e0353125_11565433.jpg



別会場「とんがりビル」

古いビルがリノベーションされて
いろんなオフィスやアトリエが入っています、。




e0353125_11565861.jpg


e0353125_11574250.jpg




飛び出したスイッチや配線も
すっかり現代アートの顔してる。








e0353125_11565521.jpg



おみやげと荒井さんのサイン入り絵本を
大切に抱えて帰路についたのでした。




************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


★10月のshopはお休みです★
2019.4月にshop開催予定


*********************************************





[PR]
by teto_teto_te | 2018-09-25 11:54 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。