フードキャンプへ行く

e0353125_12581397.jpg




畑のど真ん中でこだわり野菜の懐石料理を楽しむ
というユニークなツァーへ行ってきました。

場所は逢瀬町の鈴木農園さんの農場。

御前人参と大根畑の畦道にしつらえられた
ダイニングテーブルには
ウェルカムフラワーならぬウェルカムベジ。
箸置きはこぶりのカラーピーマンと微笑ましい演出。





e0353125_12562590.jpg



最初は農園を案内していただきました。

今野菜はとても進化しているのですね。
知らない品種がたくさんありました。
大根も中が赤いの、緑色の。
外が赤くて中が白いの、とか。


e0353125_12562814.jpg



ブルー(パープルにみえる?)のブロッコリーや
(でもこれ、茹でるとピンクになるのだそう。リトマス試験紙っぽいコ)
ドーンとかたまりにならないカリフラワーとか
チーマリリョーパという西洋なばなとか。





e0353125_12563479.jpg




これは青汁のもとになるケール。
恐る恐る生のまま味見をしましたが
全然苦くはなく、食感はパセリ、香りが青汁風。
買って帰ってちぎってサラダにいれましたが
レタスよりも存在感があって意外に使いやすい。




e0353125_12563012.jpg


これはちぢみのキャベツ。
ロールキャベツとかにすると肉汁が絡んで
おいしいのだそう。


一通り説明を聞いてから
郡山のブランド野菜、御前人参の収穫体験
    ↑
<甘くて人参くさくなくてとてもおいしい>

&たまねぎの植え付け体験をして
さあ、いよいよお食事です。





e0353125_12581189.jpg




充実装備のキッチンカーがそばに待機
していました。





e0353125_12572074.jpg




ドリンクバーもあります。
車だったのでノンアルコールスパークリングワイン





e0353125_12572337.jpg



まずは先付け、
鈴木農場産 水菜と揚げのお浸し

ほそーく切った柚子とカリカリに乾煎りされた
桜えびがとても良いアクセントでした。





e0353125_12572850.jpg



次はお刺身。
平目の昆布締めと さわらのたたき風

塩とワサビとスダチで食べるさわらは絶品でした。




e0353125_12572551.jpg


たまねぎ(万吉どんという品種)と
トロプルの牛スジの関西風おでんに




e0353125_12573166.jpg




具だくさん野菜のばらちらし





e0353125_12580957.jpg



デザートはかぼちゃの葛餅。
葛餅というより
とても濃厚なかぼちゃのプディングという感じ。




少し風は強かったけれど、
お陽様の下、青く澄んだ空に紅葉の山並み、
見渡す限りの畑の緑、緑、みどり…。
チョウチョやミツバチも葉の間を飛び交い
見上げるとダイナミックに雲は流れ
地球の自転をくっきり体感、
目にも心にも舌にもうれしいミニトリップでした。


※今回のツアーは孫の手トラベルさんの企画。
他にもユニークなツァーがたくさんあるそうですよ!




************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


★10月のshopはお休みです★
2019.4月にshop開催予定


*********************************************






[PR]
by teto_teto_te | 2018-10-29 20:55 | Comments(0)

今週の手作り日記

e0353125_10045625.jpg



少しずつ仕事しやすい感じに
整ってきたアトリエで






e0353125_10050430.jpg




刺し子のスカート製作にとりかっています。




e0353125_10050107.jpg



近づいてみるとこんなにびっしり糸がわたっていて。


布のブローチの作家さんで時々shopでも
販売させてもらっていた武井さんが
チクチク 日本の古布に刺した布で
「スカートにしてください」と託された布。



e0353125_10060025.jpg



そんなすごい布に
おいそれとハサミを入れられなくて
机の上で何度もあーでもない こーでもない




e0353125_13264845.jpg


えーい、迷っているなら別の布で作ってみる!

で、やっと納得して裁断、縫製。
今日ウエストの仕上げをすると完成です。





e0353125_10050635.jpg



少し肌寒くなってきたので
起毛の素材で重ね着用スウェットも1枚。




e0353125_10055513.jpg



後ろ襟ぐりでちょっと遊んでみたり。

あの高熱灼熱の何もかも溶かしかねない
暴力的ですらあった夏が去り
ようやくいろんな創作意欲がわく季節。

今日はいただいた紅玉りんごで
タルトタタンを作ります。




************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


★10月のshopはお休みです★
2019.4月にshop開催予定


*********************************************



[PR]
by teto_teto_te | 2018-10-16 10:04 | Comments(0)

古いタンスのリフォーム

e0353125_15304611.jpg





あっという間に10月。

秋は夕暮もきれい。
10月shopが休みの今年は夕暮や紅葉狩りの
茜色を楽しみたいなと思っています。



さてさて。





e0353125_11332880.jpg





ウチは和風の家なので玄関もドアではなく
木の引き戸です。
ので下駄箱も古い和ダンスを利用して





e0353125_21251225.jpg





こんな感じで使っています。


使い勝手はまあまあなのですが、
ずっと色が気に入らなくて
違うものに替えたくていろいろ探すのですが
なかなか気にいったものには出会えず
今に至っておりました。



「そうだ、色を落としてみよう」と
紙やすりで試すと ん~いいかも。

とはいえ全部 手!というのも
いかがなものか、と思っていたら
アトリエからの引っ越し荷物に
電動のサンダー(塗装をはがしたりできる)を発見!
どうやら亡き父の忘れ形見らしく
これなら一気にいけてしまう、と
夫の尻をたたき…




e0353125_19405183.jpeg


こんな感じ。

きれいな白木にはならないけれど
そこもアジかな。



この1週間は下駄箱のリフォームと
まだ落ち着かないアトリエの片付けや
布に描く絵の仕事やらでおしまい。




e0353125_13174491.jpg



来週からは少しずつミシンの仕事を
したいなあと思っています。





************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


★10月のshopはお休みです★
2019.4月にshop開催予定


*********************************************



[PR]
by teto_teto_te | 2018-10-06 21:30 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。