人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

柿渋染め

e0353125_10591748.jpg



去年までは時間がなくてできなかった
柿渋染めに挑戦中。

フラットな布だと
平板な染め上がりになると思われ
かといって作り立てのジャケットやパンツを
最初から試す勇気もなく
着古した白っぽいジャケットやシャツ
綿、麻、絹の異なる素材で試してみます。



e0353125_10592239.jpg



染料はネットで購入。
2Lで3000円ちょっと。

他に100均で
・バケツ(柿渋は鉄と反応するのでポリバケツ)
・ゴム手袋(ひじまであるのが◎)
・ビニールシートと刷毛





e0353125_10591939.jpg


息子の色の褪せたキャンバス地のジャケットも
ついでに預かり、4点で試してみます。


まず衣類は全部洗います。

バケツに2倍に希釈した柿渋液を準備。
ここへ濡れたジャケットたちを浸して
まんべんなく染料をしみこませ
絞って干す、といたって簡単、、

なはずなのに。
濡れた服は重い!
日頃洗濯機まかせのなまった腕には
とてつもない重労働。
それに染液がけっこう飛ぶので
もちろん外の水道での作業
当然寒い、冷たい!
柿渋は日光と反応して色が濃くなっていくので
外水道付近の飛沫は日を追うごとに
薄赤く染まってきて
ちょっと見 血痕のようなただならぬ景色で
う~~~~む
大変なことになりました。




e0353125_10595560.jpg




厚手のジャケットは刷毛でぬることに。
こちらはとても楽。




e0353125_11083958.jpg


まだ2回しか染めていないので
全然深みのある色にはなっていません。
というか
染めた後まんべんなく日光に充てることで
濃くなっていくそうですからまだまだ途上色。
2回で2Lの染料はなくなり
もう1本追加で買いました。


柿渋液10L入りとかも売っていて
そんなにたくさん?とか思いましたが
そのぐらい必要なのかも。

藍染もやってみたかったけれど
なかなかに染色の道も険しいなと音を上げ気味です。





************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


★2019.4月にshop開催予定★


*********************************************










by teto_teto_te | 2019-01-27 10:58 | Comments(0)

ドット&ストライプ


e0353125_22401935.jpg


「キューバへ行く」と決めて
空港行きのリムジンバスへ乗ったら
「あーーーー、パスポート、忘れた‼」

今朝の夢の話ですけど
妙にリアリティがあって
しばらく心臓がバクバクしていました。
(成田でパスポートを忘れたことに気づき
あえなく旅を断念された知人のお母様も
いらしたりするから、いつか私もしそうで怖い)


上の写真は何となくキューバイメージの
実は郡山で見つけた風景。
1年おきくらいにどこか異国に身を置きたくなり
今はキューバとかボリビアとか。

思い続けていると叶ったりするから
心の隅でいつも思っていようと思います。




e0353125_17260820.jpg



先日インド綿のお気に入りドットチーフを
見つけました、藍色と赤。

3枚の内の一番下のブルーは
元々はその上の藍色だったのです。
お天気屋時代に販売していたものですが
もう7~8年はゆうに使っていて
色も褪せ擦り切れてもいるけれど
真夏、これほど汗を吸うハンカチは他になく
大切にしていました。
肌が弱くて 首が汗で荒れて湿疹がでてしまい
これを汗止めに使うと大分楽に過ごせて、
私にとってこのチーフは皮膚科の薬以上の存在。

そんな訳で色違いもたくさん持っていましたが
とても薄いローン生地なので
洗濯を繰り返すと端が裂けていくのですね。
裂けたところを手縫いでかがると
またそこから裂けたり…
で、泣く泣く捨てる。
(いや、捨てるというか、ハンカチの棚から
古布のハギレ袋へ移動ってことですけど)
で、最後の一枚になっていました。




e0353125_17261238.jpg



それにこのコは
単調なドットではありますが
機械でパンとプリントされた訳ではなく
きちんと「手」でつくられたもの。
ドットの大きさが不揃いで間隔も整っていない。




e0353125_17261517.jpg


かすれるとか不揃いとか完璧じゃないというのが
大きな魅力。
たかがハンカチ、されどハンカチなのです。




e0353125_17261724.jpg




同じお店でインドのカディも見つけました。




e0353125_17262040.jpg



これも手織りのストライプなので
線と線の間隔がいい加減で
大いに嬉しい!

夏用タンクトップにしようと思います。





************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


★2019.4月にshop開催予定★


*********************************************








by teto_teto_te | 2019-01-18 21:25 | Comments(0)

椅子の張り替え

e0353125_15284459.jpg


新しい年!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

安積国造神社へ初詣に行くと
能楽堂のおかめの面が気になって
いつもパチリと撮ってしまいます。
よぉく見るとにっこり微笑んでらして
毎年こちらにもご挨拶。

平成が終わり新しい時代へ。
皆様にとって良い年でありますように。

今年も元気でたくさん手を動かす日々を
送りたいです。







暮れに、長年酷使されて破れてしまった我が家の
革張りの食卓椅子の修理を見積もってもらうと
なんと1客1万円!
「4客あるし…時期をみて…」と失礼しました。





e0353125_15284969.jpg


ちょっとボロでお恥ずかしいけど
こんな悲惨な状態。


お正月休み、ん?何とかなるかも。
似たような色の革もあるし。




e0353125_15285401.jpg



けっこう簡単に座面ははずれ




e0353125_15305664.jpg


傷んだ革をはずして
新しい革をホームセンターで買った
タッカー(ホチキスみたいな。1000円弱)で止めたら



e0353125_15304978.jpg



あっという間に完成でした。
修理費が浮いてワーイでしたが、
いかんせん
経年変化のみえるボロっぽい方が
好み(特に革は‼)という面倒な人たちなので
せっかく修理したというのに
ボロに張り替えたい気持ちと闘いながら
過ごす日々です。






“倚りかからず”
    茨木のり子

もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない
もはや
できあいの宗教には倚りかかりたくない
もはや
できあいの学問には倚りかかりたくない
もはや
いかなる権威にもよりかかりたくはない
 ながく生きて
心底学んだのはそれぐらい
じぶんの耳目
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不自由なことやある
倚りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ
                     
                     








************************************************

ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


★2019.4月にshop開催予定★


*********************************************











by teto_teto_te | 2019-01-09 15:26 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。