重要なお知らせ

e0353125_11440868.jpg



あっという間に7月。

今年はもうすでに夏の思い出が手元にあります。
小さな瓶に竹富島のカイジ浜で拾った星砂
小さな貝とさんごのかけら、
そこへエンゼルフィッシュ柄の古い切手を置いて…。


手に取るたびにあの日の日差しや潮騒が
よみがえって幸福な気持ちになります。








さてさてさて
今日は重要なお知らせがあります。

いよいよこのアトリエのある古いアパートの
取り壊しが決定になりました。
もともと「壊すまでなら」という条件つきで
5年前から自由に使わせてもらっていたので
とうとう来たか…という感じではありますが。



普通の和風の2DKの住まいに
古いガラス戸や梁や柱を入れて
襖をはずし、畳をはぎとり、あちこちペイント、
そうしてできた”ほぼアトリエ時々shop”



e0353125_22550200.jpg



e0353125_22560372.jpg



e0353125_22573506.jpg




e0353125_08511976.jpg



e0353125_22415504.jpg



今にも崩れそうな安普請の外観、
鉄の錆び錆びの階段を上って
青空色の扉を開けると広がる異空間。




e0353125_23015251.jpg



e0353125_22411283.jpg




最初はお天気屋の移転先として。

あの頃「安定は希望です」なんて大書した
どっかの政党のポスターがあって
20数年続けたお天気屋の大変革に挑もうという私には
ビリビリと破ってやりたいほどの嫌いな言葉で

「安定ハイツカ腐敗ヲ呼ブ
人生ハ無常デ、変ワラナイモノナンテ何モナイ
新シイ風ヲツカマエルコトガ大事」

と、呪文のように何度も唱えて
ともすれば引き返しそうになる心を鎮め
移転の準備をしたものでした。


さあまた変革の新しい風が吹き始めたようです。
時つ風。
もう一度 老骨にムチ打ち
新しいアトリエ探しからスタートです。



★今後の予定★

~7/27:オーダー服の製作
7/28・30:オーダー服のお渡し
8/3・4:移転前のSALE(棚など一部備品・
    旧お天気屋商品・ハギレなど)
8月下旬:引っ越し
9月~翌年春:アトリエ&shop作り、新春夏服製作

10月のshopはお休みです
2019.4月にshop開催予定





************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************


[PR]
# by teto_teto_te | 2018-07-05 11:36 | Comments(0)

石垣島へ行く②

e0353125_13352455.jpg


人口365人の竹富島から戻ると
人口4万人の石垣島が都会にみえます。


島の周囲は約160km、3時間くらいで1周できるので
翌日はレンタカーでドライブ。




島内随一の景勝地という川平湾へ。


e0353125_13352193.jpg


サンゴの白い砂浜が海の青さを際立たせ美しいコントラスト、
全国で8か所しかない国指定名勝地のひとつ
なんですって。


湾内には
船底がガラスで海の中が見えるようになっている
グラスボートがたくさん並んでいます。
「干潮の時間なので透明度は少し落ちます。」
と言われたけれどせっかくだからと乗船。


e0353125_21264921.jpg


おー、見える見える!
大きな魚もカラフルな魚も結構な数。





e0353125_21264799.jpg


↑下に見えるナミナミ線がシャコ貝。
長さ70cmくらい、巨大です!
その上がいそぎんちゃくで




e0353125_13351783.jpg



その中にはニノ!
”カクレクマノミ”も発見。






豊かな海を堪能したあとは
マンゴー園に寄ったり
巨大なヤエヤマヤシの群落を見たり



e0353125_22471925.jpg



首が痛くなるぐらい見上げてます。
高さ25~30m、圧巻!



亜熱帯ならではの面白い植物にも
たくさん出会いました。



e0353125_13374298.jpg



グルグル、らせんを描く葉っぱとか



e0353125_13374530.jpg



葉裏に規則正しいドットのあるコとか





e0353125_13375133.jpg


これ、バナナの花です。
花弁4~50cmありました。
花のずっと上の方にバナナがついています。



海も山も豊かということはその幸もまた豊か。


e0353125_09082619.jpg




大トロと中トロの握り
石垣牛の握り



e0353125_22472274.jpg



モズクの天ぷらに
海ブドウ
にんじんしりしり
ジーマーミー豆腐

りっぱなレストランもあるけれど
居酒屋のリーズナブルなお料理でも
ハズレがありません。



e0353125_13374053.jpg


島唄のライブのある居酒屋では
最後は総立ち、全員カチャーシーで踊るという
大盛り上がり、エキサイティング体験。




こうして3泊4日は瞬く間に過ぎ
ん?竜宮城だった?
帰ってスーツケースを開けたら白い煙…

なんてことはありませんでしたが。
パスポートなしで楽しめる異文化体験、
機会があったらぜひ行って見てくださいね~




遊んでばかりはいませんよ
きっちり仕事もしております。
★6月のオーダー服のお渡しは29・30日となります★




************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************






[PR]
# by teto_teto_te | 2018-06-22 09:11 | Comments(0)

石垣島へ行く①


e0353125_12410838.jpg



抜けるような青空にハイビスカス
3泊4日で石垣島へ行って来ました。



e0353125_14304487.jpg



e0353125_14305235.jpg



まだ寒い時期にネットで格安ツァーを発見。
羽田⇔石垣往復にホテル3泊付で¥43000!
”残席わずか”の殺し文句に思わずポチっと
クリックしてしまって
それが梅雨の時期の格安ツァーだと
気付いても後の祭り…
折しも11日は台風5号が八丈島を北上中‼




e0353125_13192777.jpg


ですがそこは晴れ女のワタクシ。
出発日こそシトシト雨でしたが
旅程中はほぼ晴れて
美しい景色とおいしいものと
独特の島文化を堪能してまいりました。



e0353125_12592778.jpeg


石垣島から高速船で10分の竹富島は
おじいの三線と民謡を聞きながら
集落内をゆるりと1周



e0353125_12411789.jpg



サンゴの石垣と



e0353125_13003833.jpeg


鮮やかなブーゲンビリヤ、



e0353125_13421857.jpg


赤瓦の屋根にシーサー、


竹富の人たちはこの景観と環境を守るために
2階以上の建物・赤瓦以外の建物を作ることを
禁じています。
さらに竹富には郵便局はあるけれど
おまわりさんはいないのだそうです。





e0353125_12411235.jpg



星の砂で有名なカイジ浜では
ヤドカリがたくさんいました。
(写真真ん中より少し上の丸いコがヤドカリ
その下の三つ編み状の線はその足跡です)



e0353125_14304708.jpg



この日の昼食はソーキそば
軟骨つきのバラ肉は口の中でホロリとほぐれ
鰹だしのスープもとても上品、
おいしかったです。







e0353125_13193059.jpg


フェリーの発着場には
具志堅さんが黄金に輝いて
来る人、行く人にエールを送っていました。


続きはまた来週。







************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************











[PR]
# by teto_teto_te | 2018-06-15 12:39 | Comments(0)

フルーツ酢を作る



e0353125_12192791.jpg




初のふき料理に挑戦。
いつも母からもらうばかりの山菜料理、
やってみたら意外に簡単。

ワラビのおひたしも
にしんの山椒漬けも
びっくりするほど簡単にできておいしい!







e0353125_12193058.jpg




これはお店で食べたいちごのジェラートですが
今年はいちごジャムもおいしくできました。




e0353125_13303570.jpeg





今日は庭のジューンベリーをフルーツ酢に。

お客様に教わったのですが
フルーツなら何でもOKだそうです、
いちごでもキウイでもオレンジでも。

きれいなビンを用意して
いちごなら洗ってヘタを取ってひとつかみ
氷砂糖ひとつかみ
酢(できればチドリ酢)をひたひたに注ぐ

半日ぐらいで砂糖が溶けたらできあがり。


ウチにチドリ酢はなかったので玄米黒酢、
氷砂糖も少ししかなかったので黒糖を加え
さっき味見をしたら、
とてもパンチのある元気の出そうなお味。
炭酸で割って氷を浮かべたら
これからの季節にぴったりの感じです!

いよいよ梅雨も秒読み、
今年はいろんな色のフルーツ酢ボトルで
乗り切ろうと思います。





************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************



[PR]
# by teto_teto_te | 2018-06-07 12:18 | Comments(0)

カラフル肩ひもエプロン

e0353125_14364720.jpg


5月のオーダー分も何とかクリア。

暑い時期用エプロンを作ろうと思いました。
薄手のリネン
中途半端に残った布の組み合わせなので
紐もいっそカラフルに。

しかしこの紐がくせもの!
幅2.5cm×80cmが3本必要。
で、
①6cm×80cmにハギレを縫い合わせます。
②短い辺を半分に折って5mmの縫い代で袋状に。
③縫い代を割って片端を閉じ
さあ、ここからが佳境‼
幅わずか2.5cmの袋を裏返さなければなりません。
しかも80cmもの長さ!

ループ返しはうまくいかず
菜箸があればよかったけれどアトリエにはなく
(2~3時間あればゆうにできるはず、と始めたし
作りたいと思ったら仕上がりをみるまでは
やめられないというやっかいな性格)
しかたなく幅1.5cm長さ20cmの竹定規を利用。
あーもー涙がでる程大変でした。

結局2日がかり+ひどい肩こりの
おまけがつきましたが、
白いTシャツなんかと合わせると
カラフルな肩ひもがネックレスのように見えて
とても楽しい気分になれています。




e0353125_14365057.jpg



今年もサボテンの花が咲きました。




★5月のオーダー服のお渡しは
26日(土)28日(月)となります★




************************************************
ほぼアトリエ時々shop
teto・tete
「teto・tete」は「手と手・手」。針を持つ手、土をこねる手、
絵を描く手、それらを包む手、受け取る手…。
手がたくさん集まる場所の意味でつけたアトリエネーム。
『re(リ)』のブランド名で服を作り年に数回shopになります。


〒963-8851
郡山市開成3-10-15 202号

*********************************************




[PR]
# by teto_teto_te | 2018-05-27 16:51 | Comments(0)

手がうみだすもの、それは料理だったり絵だったり、時に洋服だったり。handmadeな日常を綴ります。